床材へのフロアコーティングのメリット点について

住宅や公共施設、店舗といった建物の床面は、長期間使用を継続すると次第に傷んできます。

家具を移動させた際に傷が付いたり、物を落として床が凹んだり、ジュースや食べ物をこぼして汚れが付いたりと様々な要因があります。

そんな、要因から床材を保護する事が出来るのがフロアコーティングとなっているのです、フロアコーティングには、ガラスやウレタンといった種類のコーティングが存在しています。

いずれも非常に硬く極薄の幕を床材の表面に形成する事が可能です。

薄い膜ですが高い密着力を有しており、一般的には10年から20年効果が持続します。

一度、コーティングを施工しておけば数十年は、ワックス等のメンテナンスの必要が無くなるメリットがあります。
ワックスの場合、数年毎に家具やカーペットをずらして塗らなければなりませんが、フロアコーティングを施工しておけばメンテナンスフリーとなります。初期投資は必ず発生しますが、招来的なメンテナンス費用を抑えられます。



また、フロアコーティングには、撥水性もあるため水分を吸収せずに弾いてくれます。

子供がジュースをこぼしても雑巾で拭き取るだけで床材に染みていく事はありません。床材に染みると汚れが取れなくなりますが、コーティングを施工すれば染み対策にもなります。

長年、良い状態で床面を維持していくためにフロアコーティングは、非常に効果の大きい施工方法です。



メリットも大きく2016年現在、注目を集めています。

今よりもエキサイトニュースに関する情報の一覧です。