新築マンションや一戸建てへ行うフロアコーティング

新築のマンションや一戸建て住宅の床面にフロアコーティングを施工される事が非常に多くなっています。


床材は、人が歩いたり家具のレイアウトを変えたりする場合に傷や汚れが付いてしまいます。

床材を長い期間、清潔に美しい状態を保てる施工方法としてフロアコーティングが注目を集めているのです。

そんなフロアコーティングには、様々な種類と用途のコーティングがあります。2016年現在、最も人気を集めているのがガラスコーティングとなっています。


薄いガラスをフローリングの表面に塗り乾かす事で硬い膜を形成する事が出来ます。

ガラス材ですが安全性が高く傷や汚れが付かないメリットがあります。


耐用年数も長く最大20年は、メンテナンスフリーとなります。

耐水性や撥水性を有しており、汚れが床材に染みる事も防げます。



表面には美しい光沢も出る為、外観上も清潔感が出ます。



ランニングコストも優れており、最も人気があるフロアコーティングの一つです。

次にシリコンコーティングですが、薬品に強く艶も出て綺麗な仕上がりとなります。
キッチン周りに施工されるケースが多くなっています。
次にウレタンコーティングですが、摩擦に強い特徴を持っています。


水溶性の樹脂の為、施工している時の臭いも気になりません。

耐用年数は、ガラスの半分の10年前後です。

注目の朝日新聞デジタルの情報をご提供しています。

最後に最も一般的に使われているアクリル系のワックスがあります。
艶出しが主な目的ですが耐用年数が短い為、何度も塗り直す必要があります。