フロアコーティングは、その耐用年数が魅力の理由

main-img

初めての戸建住宅やマンションに訪問した際、その第一印象は外観のデザインや色によって決まるものです。



更に、住宅内に入った際に住まい全体の雰囲気を大きく左右しているのがリビングの床面です。
何故なら、床を見るのが一番、各部屋全体の清潔感を想像するのに適しているからです。

goo ニュースに関する情報が満載です。

これは、天井や壁違い、床が一番引力の影響を受けている事にあります。

安心安全の埼玉のフロアコーティングに関する有益な情報をご紹介いたします。

つまり、舞っているホコリも最終的に床に落ちて行くように、人がこぼしたモノ、落としたモノすべては床に落ちる為、その汚れ具合を見れば生活が見えてしまいますし、日頃の掃除の頻度と熱心にしているかも予想出来てしまうのです。

所が最近の住宅は、戸建てであっても、リビング以外の部屋もフローリングで施工する率が増しています。

この傾向の理由として、清潔度の高さ、掃除のし易さ、そして見た目が非常に良いと言う理由が挙げられます。

しかし、いざフローリングの部屋ばかりなると、その美しさを保つのは非常に大変であり、逆に汚れや些細な小キズと言ったものは少々の掃除では隠す事も、消すことも出来ず、時々行うワックス掛けにも苦労する事となります。
そこで、この多くの悩みと、ワックス掛けの苦労をフロアコーティングの耐用年数と比べると、フロアコーティングがそんなに贅沢で無い事が理解出来ます。

つまり、フロアコーティングを、例えば上等なワックス掛けと誤解を招いている所があるのです。

今や住宅のフロアコーティングは、その種類、機能も多様になっており、耐用年数は10年、20年、30年以上を謳う商品もあります。つまり、この耐用年数、フローリングを劣化や日焼けなどから守り、更に簡単な水ぶきで、当初の美しさを維持出来るなら、その一年当りで見たコストは非常にお得な、住宅のしておきたいメンテナンスなのです。

社会のコツ

subpage1

新築のマンションや一戸建て住宅の床面にフロアコーティングを施工される事が非常に多くなっています。床材は、人が歩いたり家具のレイアウトを変えたりする場合に傷や汚れが付いてしまいます。...

more

社会の話

subpage2

住宅や公共施設、店舗といった建物の床面は、長期間使用を継続すると次第に傷んできます。家具を移動させた際に傷が付いたり、物を落として床が凹んだり、ジュースや食べ物をこぼして汚れが付いたりと様々な要因があります。...

more

社会について情報

subpage3

住宅やマンション、商業施設などの床材の保護を目的として施工されているフロアコーティングには、様々な種類と特性が存在しています。各々の特性を知った上でフローリングへの施工をする事が重要となります。...

more

社会についての考察

subpage4

住宅をはじめとする様々な建物の中のフローリングは、経年とともに老朽化が進んでいきます。経年による劣化を未然に防止する施工方法としてフロアコーティングが多く採用されています。...

more